2017年10月05日

EWAレッスルマニア2直前! #ewa_apw

という事でEWAレッスルマニア2も直前まで差し迫って参りましたよっ
という事で個人的な見所を。
10月8日(日)白石東地区センター
開場12:30
開始13:00


第1試合
ロックステディ、工藤YO!!HEY!!
vs
NA-KA-SHA、hide(熊の穴)

EWAレッスルマニア2のオープニングは唯一のEWAレギュラー純血マッチ
私が贔屓中のNA-KA-SYA選手とFGOのフレンドロックステディ選手の対決。新人3人にhide選手というよりも後のクルーザー戦線を見据えたカードにも思えます。
NA-KA-SHA選手は跳び技打撃技投げ技と万能感。そして何より基礎能力が格段に高い。
ロックステディ選手は恵まれた体格が武器ですね。強面な風貌やアピールもうまくてハートも強い。
そしてお互い新人ながらタイガースープレックスとスパインバスターという代名詞技があるのが大きい。これだけは誰にも負けないって技があるのは強いですよ。お互い新人離れした二人ですね。
下から押され試行錯誤中の感がある工藤YO!!HEY!!選手は来年に向けてここで自分の方向性を確立しておきたい所。スリーパーに拘るのは悪くない、その路線で行くならスリーパーをどう使うか、どこから使うか、使った後にどうするか…毎回入り方を変えるだけで連発している感は相手にしても客目線にしても薄れるものです。何にせよ私がそうだったように周りに埋没しそうになった時が転換の時期だと思いますので、この試合で開花して欲しい気持ちがあります。
hide選手は一歩引いて次世代のクルーザー戦線を外側から見据えるのか、それともこの試合で格の違いを見せつけクルーザーの象徴の立場を抑えるか。実力・キャリア共で頭一つ抜けている為ここでどう動くかは重要ですよ。
何にせよ、このオープニングマッチは来季のEWAの方向性の一つを決める重要な試合になると思いますよ。


第2試合
千春(熊の穴)vs華蓮丸(WIN)

兄弟対決にしてEWAvs関東対抗戦の火蓋を切る試合。
兄弟とは言え圧倒的な体格差を華蓮丸選手はどう埋めるのか。兄より優れるのはスピードと体格差からくるスタミナでしょうか。とにかく動き回ってスキを狙うのが最適解でしょうかね。
千春選手は打撃はもちろんパワーも圧倒的。キャリア的にも新人に胸を貸す展開も考えられますが…そこは兄弟対決でしかも対抗戦なわけでまぁ胸を貸そうという気持ちはサラサラ無いでしょう。兄より優れた弟など存在しねぇ!と言わんばかりの恐ろしさが見えそうですね。

第3試合
小野D拓磨vsヘン・チーナ(健康プロレス)

EWAの新人の中でも体格とプロレス頭では群を抜く小野D選手。草プロのレジェンドとのシングルは大抜擢と言えるでしょう。
しかしこのレジェンドは一筋縄では全くいかない。一度翻弄されれば終始ヘンチーナペースで試合が動く可能性は大アリです。特にヘンチーナ選手は電波投げにパロスペシャルと体格差を物ともしない技が多いので巨漢相手も苦にならないでしょう。
小野Dもコミカルな流れを作るのがうまい選手ですがコミックのレジェンドに自分の世界を押し通すことが出来るか。カギを握るのは最近使用しているEVILと代名詞ネックハンギングボムか。


第4試合
イホ・デル・メソJr.(RAW)vs課金ライダークレカvs大門 誠

曲者三人が集まったカード。その曲者達に3ウェイは正に曲者っぷりを発揮する場でしょう。
注目は次のキャッチルール興行でハレタ・コーガン選手との一騎打ちが決まっている大門選手。ここで勝っておいて関東勢にアピールし弾みを付けたい所。ついでに我々王子入りへのアピールも兼ねているかもしれません。
シングルでメソ選手に負けているクレカ選手はリベンジを狙っているでしょうし、メソ選手も決まればスマックダウンホテル直行なスーパーピッグブーツを身につけ乱戦に強い。誰が試合の主導権を奪い誰が最終的に勝つのか注目ですね。試合結果は勿論、試合内容自体も我々の想像の上を行く内容になることでしょう。


第5試合
蝶上野正洋(旭川プロレス)vs太仁田ブ厚(デブMW)

前半のシメを飾るのは電流爆破風のシングル。
本家FMWのツアーにも帯同し大仁田選手ともタッグを組んだ太仁田選手はもはや説明不要でしょう。今乗りに乗っている男です。試合形式も自分の最も得意とする電流爆破風。
対するは旭川プロレス旗揚げを果たした蝶上野選手。この試合なら本家宜しく防護服を着てきて欲しい所であります。ただ一つ、オマージュレスラーとしては実は武藤の方が好きな事が最近判明したのが危険なポイントか…もう開き直って一人三銃士になるのもありな気がしますね。


第6試合
キャッシー中島(N2W)、羅生門 原
vs
木本凌太、平田明(秋葉原プロレス)

後半戦スタートの試合はキャッシー木本の両選手のライバルストーリーと、羅生門原vs平田明の昭和プロレスを心情とする両選手の思いが交差するような試合。形式はタッグではありますが各選手とも自分の目当ての相手以外は目に入らないのではないでしょうか。2つのシングルがリング上で行われるような感じですね。
前回不覚を取ったキャッシー選手はここで木本選手にリベンジしておきたいでしょう。対する木本選手も若手勢のトップの確立、そして先輩達に立ち向かっていく為ここは負けられない。
一方の羅生門選手は念願の平田戦という事でコレでもかと昭和式の味のある戦いを展開してくるでしょう。平田ニキは北海道の夜の街を楽しみにしているという怪情報をキャッチしているのでそこで体力を使いすぎない事でしょうか。
また別の注目点として、羅生門選手の大一番という事でこの試合でも半ケツが出るかは気になっている方も多いと思います。ツーショルダーのキャッシー選手がいるからないだろう…と考えるのは甘い。むしろ突然カート・アングルのように肩紐を外したときが要注意ですよ!


セミファイナル
瀬戸浩志vsハミチツ二郎(CWP)

瀬戸選手は小橋スタイルを目指しているだけありチョップとラリアットに磨きをかけています。
対するハミチツ選手は桁違いのパワーと瞬発力で一気に攻め立てる重機のような力強さ。もちろんチョップとラリアットは大得意。
となるとこの対決は間違いなく真っ向勝負の肉弾戦でしょう。チョップと腕が飛び交う正に筋肉オーケストラですねこれは。
瀬戸選手はGO2やラリアット、エクスプロイダー等首攻め技は多いと思いますので、これに加えリアルブレーンバスターで重いハミチツ選手を抱えあげられるかがポイントでしょうか。アレが決まれば一気に勝利が手繰り寄せられます。ハミチツ選手は体格差もありますしどっしり構えていく展開になるか、それとも瞬発力で一気に決めに行くのか…どちらにしろ自分のペースを維持し続ければ有利取れるでしょう。正統派ストロングで王道なぶつかり合いの試合になりそうですね。


ダブルメインイベント
神 幸司
チガイOKADO
エリリン高木
西行隆幸
vs
ジミーヤンキー
ダイヤモンド☆フユカイ
ザ・ビック・バクエイ
Greed

時は来た、それだけだ。
で済ますと蝶上野選手にプッとされそうなので…
1/8とEWA比率の特に少ない異質なカードがダブルメインの最初です。ですが、いやだからこそEWAのタッグベルトを巻く私はEWA側代表として背負う気持ちで戦います。相手や観客がどう思おうと、王子軍がEWAを守る…EWA正規軍の助っ人という心境でこの一戦に挑みましょう。相手は超強力な選抜軍。ですが我々は負けません、なんでかって?そう、それは!草プロ王子だからだー!(ジャーン)
ちなみにこの試合各団体のベルトホルダーが6人集結しているやたら豪華なカードでもあります。
EWAタッグ・神&西行
WINシングル・エリリン
WINタッグ・ヤンキー
信州シングル・フユカイ
Hプロタッグ・バクエイ
いろいろな意味で異質なカード、だが勝つのは王子組ですよ!


ダブルメインイベント
EWGPヘビー級選手権試合(試合形式当日発表三本勝負)
王者・力丸乃りお
vs
挑戦者・スナイパーケンタ

という事でEWA現シングル王者とEWA代表の対決となるダブルメインのメインの方。
6月に代表が挑戦アピールというか強権発動、王者からはベルトショットでの返答になりましたが、実現は今年のEWAの(多分)最終興行となるマニアの舞台でした。
パワフルで体格も有りなおかつダーティファイトも得意な王者。対するは正統派スタイルで負けん気の強さに定評のある代表。パワーと狡猾さでベルト防衛か、総合力と精神力で上回ってベルト奪取か。
因縁的にベルトショット出そうな感じもするのでもしその場面があるならヒットか否かで勝敗分かれそうですね。しかし試合形式もわからない3本勝負はインサイドワークにたける王者が有利な形式に思いますが…

何にせよコレだけのメンバーが一度に介してオトクな気持ちになれるのに入場無料!
皆さん日曜日は白石東地区センター、EWAレッスルマニア2の会場で会いましょう!
posted by 西行隆幸兼雷炎兼ハラキリの中身 at 18:46| Comment(0) | プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

あけましておめでとうございますな2016年西行振り返り

という事で年内最終試合も終わりましたので昨年度の軌跡を
抜けはないと思いますがあったらコッソリ教えてください

1/10 ワンダーワールド3
かち★西行隆幸vsパンク・ザ・パンダ
かち★西行隆幸vs怪人ヤンマーニ
まけ★鴉野ショウvs西行隆幸

1/16 プロレスリングDEWA
まけ★西行隆幸&チガイOKADOvs軍茶利&不動

2/21 プロレスリングDEWA
まけ★higuchi&ハトマスクvs西行隆幸&外島勇己

4/10 IWP
かち★カズ・シバノ&小野寺雅俊vs西行隆幸&チガイOKADO

まけ★イリミネーションランブル

5/29 プロレスリングDEWA
かち★西行隆幸&チガイOKADOvsサカイ&ケント・ディカプリオ

かち★西行隆幸&チガイOKADOvshiguchi&鴉野ショウ

6/26 プロレスリングDEWA
まけ★二本松太郎vs西行隆幸vs西崎雄鬼

8/6  プロレスリングDEWA
まけ★7人参加ロイヤルランブル

8/11 プロレスリングDEWA
まけ★菊地毅&西行隆幸vsチェリーマン(兄)&ヨシアキ

8/20 プロレスリングDEWA
まけ★菊地毅&愛澤No.1vs西行隆幸&チガイOKADO

9/11 RAW
かち★西行隆幸vsSGワンダー

9/18 プロレスリングDEWA
かち★エリリン高木&西行隆幸&チガイOKADOvs平田明&西崎雄鬼&kyohei

10/9 EWA
まけ★神幸司vs西行隆幸

10/22 IWP
まけ★ベーション増田&西行隆幸&チガイOKADO
vs
ザ・ビッグ・バクエイ&サカイ&朱剛

まけ★エリリン高木&西行隆幸&チガイOKADO
vs
ファイティング原田大二郎&小野寺雅俊&カズ・シバノ

12/18 DPW自主興行
まけ★higuchi&Greed&外島勇己vsハトマスク&西行隆幸&浦安純

まけ★クリスマスランブル(13人参加)

12/25 RAW若手プロデュース大会
ひきわけ★風渡辺琉vs西行隆幸
かち★西行隆幸vsザ☆ボスコニアン
まけ★風渡辺琉vs西行隆幸


15興行、23試合、8勝14敗1引き分けとなりました。改めてまとめると凄いやったな…
特に今年はシングル増えましたね。エエ事よ(ニッコリ)
というかRAW参戦した時は全部シングルでしたね。エエ事よ(ニッコリ)
今年ラストの試合と言う事もあり辺琉さんとの試合は満足しています
二度目の肩車を読まれて敗北ですので別の選択肢を選んでいればという後悔はありますが、それは仕方ない
旋回式エースクラッシャーがある以上もう一度肩車狙うだろうと読んだとすれば辺琉さんの賭けが一枚上手でしたね
もしくは読みではなく純粋な意地があの場面で体を動かしたか…
何れにせよファビュラスなグッドルッキングムーブでした
自分に勝ったんだ、今年のRAWを引っ張るのは貴方ですよ!
だから手駒が足りないなら…いや足りててもまた呼んで下さい(ゴマすり)

30代も折り返し、各関節もますます軋みだしている現状、
いつ限界が来るかも分からないので来年も悔いの残らないよう駆け抜けて行きたいですね
とりあえず仕事や試合が重ならない限り声かけられれば何処にでも行きますので今年もよろしくお願いします
posted by 西行隆幸兼雷炎兼ハラキリの中身 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

憧れと恩人と王子と

8月20日(土)S-MALL花火まつり大会(山形県鶴岡市)試合開始17:30
http://dewapro.jimdo.com/%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB2016/

という事で今回は私の試合オンリーで書きます。
他の試合は上のリンク見たり他の選手のツイッター見たりして、どうぞ


オープニングマッチ 「特別試合」 タッグマッチ30分1本勝負
菊地 毅(フリー) / 愛澤No.1(フリー)
vs
西行 隆幸(DPW) / チガイOKADO(信州) ※tag・tournament2016優勝チーム


LOCK鈴木レフリーがあえて第一試合ではなく「特別試合」とした意味…
今回だけは自分も第一試合ではなくメインイベントとして戦います。
草レスラー 西行隆幸 35才の夏…
灼熱の時間(とき)――――

菊地毅…
ガキの頃からプヲタだった人間なら殆どが彼を知っているだろう。
自分だってファンだった。
絶対的な力に叛逆していくのを言葉ではなく態度で示していった漢。
そんな人ととうとう逃げ場のない状況で激突する。
リング上での今もなお変わらない戦いっぷりに反して控室では物凄く腰が低く謙虚な方でDEWA初参戦選手は誰もが驚くだろう。
あれだけの経歴を持つ人間であればもっと増長していてもいいだろうに。
しかし菊池選手は自分のような草レスラーにも一人のレスラーとして接してくれる。
ならば20日、あのリングの上で草だろうがなんだろうが関係ない、一人のレスラーとして強大な先輩にぶつかるだけ。
まさにテレビで見ていた若かりし頃の菊池選手の立場で。

愛澤No.1…
前の団体にいた時、引退中の身ながら練習に来ていたこの方がチェーンレスリングに対する心構えを教えてくれなければ、自分は今でもチェーンするのを避けていたかもしれない。
前の団体では必要な技術ではなかったから、自分も出来ないと思い込んでいたから。
多分愛澤選手は覚えていないだろうけどあの一言でどれだけ楽になったか。
あの一言でヘタの横好きなりに出来るようになった。
そうだ、チェーンはもっと自由で楽しい物だったんだ。
今の自分のプロレススタイルを形成した恩人に間違いない。
この試合で恩を返させて頂きたい。貴方の何気ない一言で自分はこんな成長をしましたよと体で伝えたい。

チガイOKADO…
思えば彼と組んだ時はいつだって下馬評を覆してきた。
初代タッグトーナメントも第二回も言ってしまえば当たったチーム全部から格下に見られていただろう。
でも最終的に勝ち残ったのはどちらも自分らだ。
もしあの最強師弟タッグに勝てるチームがあるならば…あるならば…!
プロレスで最後に響く「何か」を最も引き寄せる草プロ王子タッグしかないだろう!
俺達二人しかないだろう!それが草プロ王子四天王だろう!!


東根でLOCK鈴木レフリーにも見に来ていた愛澤選手にも伝えましたが、自分はあくまでこの試合「勝つ」つもりで行きます。
「負けるだろうけど思い出作りで…」みたいな気持ちでいい試合になんかなるわけないでしょう。
夢☆勝ちます!



どうでもいいけど夏で夜で夢☆勝ちってつまり真夏の夜の勝夢って事だよね、うん。
posted by 西行隆幸兼雷炎兼ハラキリの中身 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

5月29日(日)TOME/BATLLE 2016!

http://dewapro.jimdo.com/
ということで5月29日(日)に行われるタッグトナメ。
ガガガッと思ったことを書き連ねましょう!

キャッチコピーやチーム名に私が勝手につけたのもあるけど、
賞賛は私に文句はOKADO王子へ。

第0試合 登米バトル名物試練の5分間チャレンジマッチ
"ミスター登米バトル"後藤義温(みやぎ北上商工会青年部)vs
"フラッシュプレジデント"リーン♪カーン阿部(格闘技技術交流会山形)
第0試合で菊地選手か阿部選手とチャレンジマッチを行う率の高い後藤さん。
今回も阿部選手との対決になりました。
前回2分かかった事に悔しがっていたという阿部選手は今回最初から潰しに来るでしょう。
果たして5分間耐えられるのか…

第1試合  「ホテル望遠閣」杯 5人参加時間差ロイヤルランブル戦
"ごっちゃんレスラー"二本松太郎(DPW)
"オレが平田"平田明(秋葉原プロレス)
"無銘の毒蜘蛛"Kyohei(IWP)
"極悪人"西崎雄鬼(nkw)
"県外出荷仕様"チェリーマン(山形ご当地)

でわのランブルといえば勝ち残ると本当に賞品がもらえる事で選手間では有名。
ということで今年もホテル望遠閣様から賞品が出ました。
私もタッグトナメにエントリーされてなければこっちに出たかった所ですが…
注目はやはり今回初参戦の西崎選手。
ほぼ松太郎と同じくらいの体格の大型選手でキャッチコピーどおりの暴れっぷりを見せるでしょう。
チェリーマンがどっち側につくかで流れが決まりそうですが、登米だし悪チェリーなんだろうなぁ。
松太郎も懸賞金かかった試合で二連敗中なのでそろそろ悪い流れを断ち切りたい所。
前回の予選で初参戦のKyohei選手もここで勝って一気に弾みを付けたい所。
そして唯一の正統派ベビーの平田ニキは真っ先に狙われそうだが果たして…

第2試合 タッグトーナメント準決勝A
「草プロ王子四天王」
西行隆幸(DPW)&チガイOKADO(信州プロレス)
vs
「愛LOVE水戸ホーリーホック」
サカイ(nkw)&ケント・ディカプリオ(常陸プロレス)

初代タッグトーナメント覇者の私達。
とはいえ優勝候補に見られないあたりが私の一番好きな馬、サニーブライアンっぽいですね。
ならばそのサニブのように侮る連中をまとめて出し抜いて二冠達成と行きましょうか。
評価はどうでもいい。1番人気はいらないから1着だけほしい(名言)

相手はサカイ&ケント
ハードコアでスーサイダーなECWの体現者っぽいサカイ選手とデカくて怖いリアルアメリカンのケント選手。
この二人のつながりってなんだろうと思ったらなるほど水戸ホーリーホックですか。
なんかやたらOKADO王子がサッカーで煽っているので二人の攻撃はOKADO王子に集中しそうですね…
私としてはホーリーホックはガルパンとコラボしてるので心情的にはあちら側なんですよね、うん。
お二人方、怒りはOKADO王子にぶつけて私とは和気藹々とやりましょう(ニッコリ)

とはいえトナメで重要なのは勝敗。9割ペース握られようと最後に勝てばよかろうなのだァッ!
草プロ王子四天王は弱くない、いや強い!(ドゥーチェ!ドゥーチェ!)


第3試合 タッグトーナメント準決勝B
「明王二大尊」
軍荼利(DPW)&不動(DPW)
vs
「SINDICATE」
higuchi(DPW)&鴉野ショウ(RAW)

外島選手が負傷欠場で強豪が一つ減ったぜと思ってたらこれですよ。
他のチームならばこの新たな強豪チームの登場に望む所だという黄金の精神かもしれませんが…
オレは戦うのが好きなんじゃねぇんだ、勝つのが好きなんだよォォッ!(フレイザード先輩)
不幸中の幸いなのはこの優勝候補に軍荼利不動がぶつかることですね。
あの兄弟の強さは身を持って知ってますが故にどちらが勝ちああがってもボロボロになるでしょう。
鴉野選手と軍荼利選手は総合出身同士でもありますので新たな遺恨が生まれる可能性も…!?


第4試合 草プロイデオロギー抗争最終章(全二回)
"モウガマンデキナイ!"
浦安"ケロッグ"純(DPW)
vs
"アイドルとプロレスの架け橋"
エリリン高木(W.I.N)

アンチ学プロというか学プロ独特の下ネタネーミングに違和感を感じるという浦安。
それに対していらつきを見せていたエリリン高木。
前の試合でタッグを組んだ時も噛み合わず、エリリン王子の見せ場を我慢できずに奪い続け敗退。
これにガマンの限界に達したエリリン王子が試合後怒りのパワーボム。
それから実に一年以上燃え続ける遺恨の清算マッチがここで組まれました。
日本一ガマン出来ない男は勝つこともガマンデキナイのか、
それともエリリン王子が学プロへの敬意を叩き込むのか。
この大会唯一シングルで組まれた意味も大きい個人的に要注目のカードです。


セミファイナル 火の玉小僧&後輩vs弟子+巻き込まれた人達
"火の玉小僧"菊地毅&"石巻の絶頂男"マグナム石巻(ISU OB)&"シンボロ・デ・ラ・パズ"ハトマスク(DPW)
vs
"永久指名率No.1"愛澤No.1&“Power And Greed"Greed(DPW)&"DEWAの秘密兵器"小野寺雅俊(IWP)

前回の仙台で熱い戦いを見せた菊地・愛澤師弟。
今回は互いにバートナーを引き連れての対決になりました。
菊地選手側には時には敵、時には味方として数々の戦いを繰り広げてきた幼稚園の後輩マグナム石巻。
そしてhiguchiパートナー決めマッチで浦安に勝利したにも関わらずなかった事にされてしまったハトマスクが付きます。
相手側には説明不要の強豪Greedと前リザーバーで菊地さんと試合するかもしれない時ものすごく不安な顔になっていた小野寺選手。
特に小野寺選手は念願かなって菊地選手との対戦になったので是非ヘッドバットあたりをごっちゃんして来て欲しい。
出来ればブルーサンダーを見せてきて欲しい。そして火の玉ボムのバクリだとあらぬ疑いをかけられて欲しい。

メインイベント
でわプロタッグトーナメント2016決勝戦
誰が上がるかは神のみぞ知る…
ただもし我々が勝ち残れるならば相手はどちらもある程度勝手がわかっているチーム。
となると勝つには何か隠し玉が欲しい所か…

以上ダークマッチ含めて全7試合となっております。
登米市でプロレス、観よう(提案)
posted by 西行隆幸兼雷炎兼ハラキリの中身 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

1・10ワンダーワールド3&1・16プロレスリングDEWA

という事で今週日曜日はRAW&ワンダーワールド3
http://blog.goo.ne.jp/kosuge_matsumura02
私はRAW終了後のワンダーワールド3に出ますよ〜出る出る……ヌッ!
しかしマッスルを初生観戦したのがマッスル3、初ワンダーワールド出場も3
あの時のマッスルのテーマは対抗戦、ワンダーワールド3も猫と陰の対抗
因縁を感じますねこれは………

〜草プロレスRAW ワンダーワールド3 プレゼンツ 陰猫(インニャン)トーナメント2016〜
会場:板橋区小豆沢体育館第一武道場(都営三田線志村坂上駅徒歩5分)
日時:RAW終了後開始

トーナメント参加選手
猫側レスラー
・SGワンダー
・怪人ヤンマーニ
・MAPW指名選手
・西行隆幸
・拝銀主義舎指名選手
・太仁田ブ厚
・リヴァーサル沢

陰側レスラー
・鴉野ショウ

実に7対1の割合
本家でいえば出場者が陽側オンリーの中に陰の選手が入った感じか
どちらかというと陰側選手達の中に陽の金竜山や川口、カブトあたりの人間的にまともな人が一人混ざってしまった感もしますが

トーナメント表がまだ発表になっていないので最初誰とやるかはわかりませんが、やはり最大限警戒すべきは鴉野リーダーか
同じく出場者のリヴァ沢共にRAWのメインで是非消耗していただきたい
とはいえ他の誰と当たっても曲者揃い、というか草プロの曲者達を凝縮したような空間
誰と当たってもどんな試合になるか想像できません
というか本当にトナメやるかも当日その場まではわからないのがワンダーワールド
全てはSGワンダーという天才の掌の上……
これが いきものの サガ か



そして翌週土曜はプロレスリングDEWA!
こちらは第2試合に出ます
ダークマッチが一試合あるので実質3試合目ですね
チケットは前日当日共に500円ですが消防法の都合上席に限りがあるそうですので出来れば予約が安心
予約はでわプロ公式のお問合せか愛澤No.1選手に直接交渉を!
http://dewapro.jimdo.com/

愛澤No.1復活祭! Send off match 『RE;START』
宮城野区文化センター/シアターホール(宮城県仙台市宮城野区五輪2丁目12−70 )
開場17:00  試合開始18:00(第0試合17:40〜) 前日/当日ALL500円(全席自由)

【対戦カード】
第0試合(17:40) シングルマッチ15分1本勝負
ケント・ディカプリオvs二本 松太郎 

特別試合 「Re;match」
シングルマッチ30分1本勝負 
でかい一物vsエリリン高木

第2試合←こ↑こ↓
タッグマッチ20分1本勝負
西行隆幸/チガイOKADOvs軍茶利/不動

アイスリボン提供試合
シングルマッチ20分1本勝負
藤本つかさvs宮城もち

セミファイナル 
6人タッグマッチ30分1本勝負
higuchi/外島 勇己/平田 明vsGreed/マグナム石巻/ハミチツ二郎

メインイベント Send off match 『RE;START』
シングルマッチ30分1本勝負
菊地 毅vs愛澤No.1

前の試合がエリリン王子&一物さんという遺恨シングル、後の試合がアイスリボン、
しかも次の大会で藤本選手がタッグ防衛、宮城選手がシングル奪取となるとタイトルホルダー対決
ここに挟まれるのは実にプレッシャーですがプレッシャーに負けずに山形兄弟から勝利をかすめ取ろうと思います
まぁ他の試合もすさまじい試合揃いだからどこに挟まれてもプレッシャーだしなぁ

という事で自分の試合解説
西行隆幸/チガイOKADOvs軍茶利/不動
もはや説明不要の草プロ王子タッグに対するは山形のリアル兄弟でマスクマンズ
兄弟そろってデカくて強いという恐るべき一家

兄の軍茶利は恵まれた体格(180cm95kg)に総合経験、それに加えて野外ではチェーンソーを持って暴れる恐るべき男
今回の会場は多分禁止なのである程度安心ですがその分ストレスがたまってそうな予感
得意技はスピアーにジャックハマー、オモプラッタから入る変形クロスフェース
他にもベリートゥベリーやシャイニングケンカキック等バランスのいい選手

弟の不動は常人離れした体格(184cm110kg)とパワーの持ち主で柔道家
パワースラムで叩き付けたまま抱え上げてボディスラムとかやらかす恐るべき男
得意技は無双、どどん、パワースラム、滞空STO、デッドリフトブレーンバスター
さらに最近よく使うスパンキラー(某選手からフォールを取ったランニングボディプレス)

そしてこの二人には恐るべき合体技、阿修羅(アスラ)があります
兄を弟が肩車して、ダウンしている相手めがけて思いっきり叩き付けるという兄と相手がとても辛い技
失敗しても兄だけが大ダメージで弟はノーダメージという業の深い技
うまく仲間割れを誘えれば我ら王子軍の鉄の結束で勝利をもぎとれるか……!?

わりとこの二人は関東に紹介したい大物二人でありますね
難点は兄弟共にプライベートが忙しい事か
posted by 西行隆幸兼雷炎兼ハラキリの中身 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

12/6スポ戦MANIAダークマッチで…出ますよ #sposen10

今年もスポ戦MANIA出場です
もはや目新しさは無くなったであろう私が呼ばれるのはありがたい
期待に答えねばなるまい……あと草プロ王子四天王誰か勧誘したい


ダークマッチ
サイギョウの知らない世界

人生初ダークマッチ!
……ダークマッチってこんな豪華なカードが組まれる物なんでしょうか
という事でダークというよりはスペシャルなエキシビジョンマッチの心境で挑みます
形式は人数9人なのでバトルロイヤルかランブルでしょう、多分


※西行隆幸
タイトルからして皆に狙われる予感しかしないがツイッターで何名か引き込んでやるべきことはやった
草プロ王子四天王 西行隆幸 34歳の冬……灼熱の時間(とき)――――
(負けフラグ)

※チェリーマン
この中唯一の身内枠。山形のご当地ヒーローならぬご当地レスラー
しかし山形から離れるとどんどん悪さと黒さが増加していくので、
常陸参戦時を越える極悪レスラーになっている可能性が大
でも悪い事しても持ち前の華で明るい雰囲気になるのが持っている側のレスラー
得意技はミサイルキック・レッグラリアット・ダイビングエルボードロップ・チェリードライバー(みちドラ2)
他に最近使い始めた対ヘビー級用のチェリーストームやVS菊地毅戦でよくだすゼロ戦キック等
草プロ界に現れた時から一貫してマスクマンだけど素顔は相当のイケメンという噂

※鴉野ショウ
今をときめくたまにゲートに間違われるユニット、シンジケートのリーダー
超党派ヒールユニットという事もあり全方位から狙われる存在
俺が守護らねばなるまい……
守護る自分の姿に感動してTシャツ位くれるんじゃないかと期待

※キム・ヨッチャン
コミック界の超大物であり名前の意味でのルチャ・リブレ(自由な戦い)の体現者
何をしてくるか全く読めないので対策を練っても仕方がない
対峙する事になったら感性で戦いたいと思います

※ヘンチーナ
コミック界レジェンドでありながらストロングスタイルに混ぜられても
自分の世界を崩さず、そして激しく対応するコミックレスラーの鑑
と思ってたけどミスター6号お誕生日会でなぜかマクロス食らって落されたので
恨みを果たすなら今でしょうか。復讐の権利は我にあり

※ハレタ・コーガン
草プロ界一番の大物は?と聞かれてこの人を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか
パワースピードテクニック体格アピール力と全てが高水準で欠点無し
敵に回すのは得策ではないので面倒見がいい所を利用してディーノブログのつながりで味方につけるのが一番か

※RYO
中学生から草レスラーとして話題になったこの方も今では大学生。月日の流れは早い
同じnkwのサカイさんから単位の取り方を教えれば仲間に引き抜けると教えられましたが、
駄目学生だった自分には教授への土下座方法位しか教えられませんね…

※風渡辺琉
草プロ新人賞があるとすれば彼かなーと思っていた選手
全盛期の鳥肌実を思い出すような表情で淡々と腕を極めていく姿はシビれますね
完成系はジョニーセイントかな。Fate好きで淫夢民の為チェリーマン、鴉野リーダーの次に引き込めそうな選手
ただ黒王様とメドゥーサさん原作で対決した関係上敵対の危険性は0にできませんね……

※吸いカップ健遅漏
アイエエエ!ケンチロウ!?ケンチロウナンデ!?
ケンチロウの名前を見たサイギョウ=サンはしめやかに失禁のち爆発四散。サヨナラ!
……正直正攻法ではどうやっても厳しいのでなるべく対峙せずに勝負所で全員で抑え込むなり落すなりですかね
マッチアップは他の人に任せて潰し合ってもらいましょう


という事で非常にヤバいメンツがそろったダークマッチ
12月6日、蕨のレッスル武闘館にて11時30分の開場とともに試合開始!
posted by 西行隆幸兼雷炎兼ハラキリの中身 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

10月の試合予定ダイジェスト

http://dewapro.jimdo.com/
今週日曜は山形蔵王の風呂レスで2試合、来週は金曜にまず山形県東根、土日は石巻専修大学で2連戦と2週で5試合のデンジャラススケジュールとなっております。オールでわプロ。サンキューでわプロ
という事でさっそく風呂レスから行きましょう


10月4日(日)
でわプロin 蔵王温泉「風呂レス」(山形県山形市)試合開始予定12:00 

温泉マニアから一目置かれる蔵王温泉で温泉を全面的に出した興行!
温泉好きの私からすると非常に光栄なことです
メインの不穏なタイトルからアツゥイ!温泉がギミックに使われる可能性は多々ありますが、
栃木の那須湯本温泉鹿の湯で48度の湯船にも耐えた自分には耐性がありますよ!

●第2試合 3wayマッチ 勝ち残り戦
平田明vs西行隆幸vsチガイOKADO

3ウェイで王子対決が実現!
あと一人も秋プロチャンピオン、つまり王vs王子vs王子。なんというロイヤル対決
この試合は感性の戦いになりそうですね
3ウェイで自由人がまとめられてるとなるといかにも事故りそうですがまぁ次がGreed対higuchiなのでリカバリーしてくれるでしょう
逆に言えば我々がどんなズンドコファイトになってもOK

●Maine event 蔵王温泉名物“稲花餅”(いがもち)争奪!『風呂レス』
イエスロープ・水流爆破・ハードコア温泉バトルロイヤルデスマッチ

水流爆破でハードコアな温泉バトルロイヤル!
稲花餅が掛かってるので負けられない戦い!
風呂ントネックロックや風呂ントスープレックス、風呂無ジャングルやエメラルド風呂ウジョン、ブルー酸ダーに銭頭ーンや湯りかもめ
といった温泉にちなんだ技が繰り広げられる可能性は否定できない
(スペシャルサンクス・クレイジーD)


−−そしてここから三連戦が始まる


10月9日(金)
でわプロin 「た〜んとほおバルフェスタ」(山形県東根市) 試合開始18:00
連戦初日

●第1試合
タッグマッチ15分1本勝負
ヨシアキ / higuchi vs 西行隆幸 / ザ・グレートパンプキン

前回大変な目に合わせてくれたヨシアキの野郎と早くも再戦とはたまげたなぁ……
悪魔の極悪集団シンジケートに魂を売り渡したhiguchiと組むのは当然の結果なのかもしれませんね
そしてこちら側は東根のご当地選手のザ・グレートパンプキンがパートナー
不動によく似た体格の彼、そういえば地元なのに不動いないよね……
イベント進行の方に参加しているのかな?(すっとぼけ)
higuchiも第3回北海道プロレスサミットを前に、ヨシアキの野郎も大好評発売中御守りを売る為に気合が入ってるだろうけど負けられない
今度こそヨシアキの野郎から3カウント取るぞ俺。そしてヨシアキ御守りを草プロ王子御守りにするぞ俺


10月10日(土)
でわプロin「石鳳祭」(石巻専修大学 学園祭)一日目 試合開始13:00
連戦二日目は学園祭一日目。学園祭で試合という事で実質学生プロレスと言ってもいいのではなかろうか
ヲタライフを楽しむ学生の皆様には脱ヲタ出来ずに30歳過ぎるとこんなダメな人間になる可能性を魅せれればと思います

第一試合のISUOBマッチも個人的には注目
ISUはかなりいい選手がそろっていた印象で、学プロ間の交流が進む今ならばサミットの台風の目になってた可能性がありました
これを機にマグナム選手みたいにでわプロ継続参戦する選手が名乗り出てくれるといいなぁ

という事で自分の試合
●第2試合 シングルマッチ15分1本勝負
冥土ましーん vs 西行 隆幸

冥土ましーんが復活しとるー!?
草プロ王子興行でぜかましましーんとして有明海の藻屑になったはずでは!?
暁の水平線に勝利を刻むまでは沈まぬというのか……!?
こうなれば冥土軍の侵攻を止め、俺が石巻を守護らなければならぬ(本部IZM)

そして注目のメインは菊地選手にマグナム石巻、太仁田選手にはチェリーマンを加えての電流爆破風!
本家が最終的に長州にたどり着いたように、
邪道・太仁田ブ厚が王道・菊地毅を電流爆破風のマット引きずり込んだ
……菊地さんがノリノリで踏み込んでいったようにも見えるが気にしてはいけない
メインが大変危険な試合になるので我々汁レスラー達も緊張感にあふれる興業になるでしょう
太仁田選手はミカド勢としても知名度があるので学生ゲーマーにも要注目な一戦ですね


10月11日(日)
でわプロin「石鳳祭」(石巻専修大学 学園祭)二日目 試合開始13:00
連戦最終日。流石に身も心もボロボロになってるでしょう
そして最終日に最大級の試合が待ち受ける

●セミファイナル 6人タッグマッチ30分1本勝負
菊地 毅 / ビッグバクエイ / マグナム石巻 vs 孝之 / 貴之 / 隆幸(チームTakayuki)

内々で企画されていたチームTakayukiがとうとう始動
私以外の選手は普段タカユキ要素を隠しているので誰か知りたい人は当日見に来て下さい
私の立場では組むのも全員初なら対戦相手も全員初
他団体参戦のような新鮮な空気でフレッシュにタカユキしたいと思います
出るかタカユキのタカユキストーム、そしてタカユキのフェイバリットTKUKギロチン!
私タカユキもV9タカユキで勝利をかすめ取りに行きたいですね

メインがAKINO選手vs花月選手。これはとよま明治村夏祭りの再戦カードとなります
このお二人がもう一度呼ばれた理由、そして単独のメインとして組まれた理由、これは前の大会で素晴らしい試合を見せて頂いた事に他ならないでしょう
私も思わず1ファンに戻って歓声をあげておりました
この再戦も素晴らしい試合を見せてくれるのは間違いない。注目です
posted by 西行隆幸兼雷炎兼ハラキリの中身 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

9/12常陸プロレス・9/13RAW・9/20でわプロ出ます

二週で…3興行!やるぞ俺はやるぞ
という事で9月12日常陸プロレスから

第一部 メインイベント
梨本&ハトマスクvsGreed&西行隆幸

生涯二度目のGreed選手とのタッグ
前回組んだ時もわりと息が合ってたので今回も問題ないでしょう
そもそも組まなくてもセコンド付いた時協力してますしね
相手はハト梨タッグ。タッグチームとして活動している分チームワークはあっちが上か
どっちも脚が生命線なので脚責めで流れを作る私には相性がいい相手
Greed選手に派手にかましてもらって私がじっくり責め、相手のペースを乱す感じでしょうかね


9月13日RAW
WIN認定世界タッグ選手権-(試合順未定)
鴉野ショウ&ザ・ノーネームvs西行隆幸&higuchi

ツイッターでも(一部で)話題になっている、
私のシンジケート入りを賭けたタイトルマッチです
その場にいて巻き込んだ形のhiguchi隊長もタイトルマッチという事で
モチベーションは高いはず
ガッツリ頑張ってもらって私は美味しい所を頂きましょうグフフ……

相手の鴉野選手とは初絡みですが動画でねっとりと鑑賞しています
グラウンドの強さはボディロッキンで激ヤバ。寝ての勝負は絶対避けるべき
打撃の強さもボディロッキンで激ヤバだけど、
自分も打撃はハードヒットなのを耐え続けてきた経験値がある分まだマシか
膝が弱点と聞いている(参考・エリリン王子ブログ)ので監獄固めが決まれば勝機が出てくるか………!

ノーネーム選手とは王子興行で絡んでいるのでグッドレスラーな事は百も承知
それにどことなく人間として似ている所がある気がするんですよね…………
妙に親近感が湧くというか……もう兄貴呼びでいいんじゃないかな。うん
という事で鴉野リーダー、ノーネーム兄貴、リヴァ沢先輩のお三方、
試合後からよろしくオナシャス!センセンシャル!

あとゴ藤ヨシキ選手も同興行に出るとの事なので、
試合とは別に我々の入場コス対決もご期待ください
いつかゴ藤選手と試合する事があったら入場と入場コス脱ぐ時間で10分位使いそう


9月20日 プロレスリングDEWA 日本一の芋煮フェスティバル
第二試合
ヨシアキ&平田明vs西行隆幸&チガイOKADO

前回熱射病でドタキャンしたくせに試合後襲いかかってきやがったヨシアキとの試合です
熱射病って言ってたけどアレただの二日酔いだよな

今回ヨシアキの野郎との因縁にも決着をつけるべく、
最強のパートナーであるチガイOKADO王子にお越しいただきました
さらにこの興行、エリリン王子も出場して草プロ王子が3人揃います
あとはOKADO王子がエリリン王子用のTシャツを忘れなければ完璧でしょう
遠い所をハードスケジュールで参戦なのにOKADO王子は責任重大です

ヨシアキの野郎もどんな汚い手を使って脅迫したのか、
秋葉原プロレス王者の平田明選手をパートナーにしたようです
人を人とも思わないヨシアキに目をつけられるとは平田選手も災難ですね
が、我々草プロ王子四天王が勢ぞろいしてしまえば負ける要素はないと断言できます
平田選手はヨシアキの野郎に何を人質にされているか分かりませんが運がなかったと思って頂きたい
そしてヨシアキの不敗神話はここで終わると同時にグッズも販売停止、
代わりに草プロ王子グッズが売り出される事でしょう
草プロ王子御守り欲しい……欲しくない?
(ご利益は特になし)
posted by 西行隆幸兼雷炎兼ハラキリの中身 at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

8月8日とよま明治村夏祭りで試合です更新

という事でググッと試合です。やりますよーやるやる……ヌッ!
ちなみに私は一人前日入りと称して鳴子温泉郷で一泊します
栗原市在住の時は月一ペースで鳴子に行ってたので久々の来訪が楽しみ

http://dewapro.jimdo.com/%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB2015/
8月8日(土)でわプロ in とよま明治村夏祭り
宮城県登米市登米総合体育館駐車場特設会場特設リング
試合開始15:00 観戦無料

【対戦カード】
第1試合  
タッグマッチ15分1本勝負
外島勇己/西行隆幸vs朱剛/ヨシアキ

朱剛はかなりの巨体レスラー
使う技もチョークスラムやフルネルソンバスターといった豪快な技が中心
そしてヨシアキは四次元の跳躍力、無尽蔵のスタミナ、人外レベルの受け身、
そしてダブルジョイントを越えたマルチジョイントを持つ男
私はヨシアキには何度も煮え湯を飲まされてきているので今度こそ潰してやりたい気持ちでいっぱいです
そもそも私の尊敬する最上義光公の名を勝手に名乗ってるのが気に食わない
噂によるとグッズも作製中らしくうらやまし……いや許されない
幸い会場にはオーシャンスライダーや巨大迷路といった建造物があるらしいので、
試合前にそういった所に連れ込んでから……おっと、これ以上はいかんいかん
いずれにせよ朱剛選手は試合開始時にパートナーがいなくても、
仮に間に合っても再起不能一歩手前の状態になっているかもしれませんが、
そうなっても初めからハンデキャップマッチだったと思ってほしいですね


第2試合
6人タッグマッチ20分1本勝負
ハトマスク/平田明/梨本真也vsGreed/軍茶利/不動
  
6人タッグはいい人vs悪い人なカラーが色濃く分かれた組合せ
イベントの時間の都合上一気に詰められた感じですが、
バラしてシングル・タッグでも十分豪華なカード
好試合は必至でしょう。ですが勝敗予測となると難しい


ダブルメイン Part 1
女子プロレス提供試合 シングルマッチ30分1本勝負
AKINOvs花月

聞いたときにおっ、となったカード
AKINO選手、アルシオンでかなり好きな選手でした
今はOZのトップクラスの位置でやってるんですね
対する花月選手は仙女からフリーになった選手
仙女に詳しい人知ってるから後で聞いてみましょう
じっくり見させてもらいます


ダブルメイン Part 2
タッグマッチ30分1本勝負
菊地毅/マグナム石巻vsチェリーマン/higuchi

菊地選手と石巻選手は幼稚園の先輩後輩という異色のコンビ
対するはタッグトナメから本格的に組みだしたウルトラディスティニー(仮)の二人
この技巧派タッグは菊地選手のプレッシャーとペースを切り崩せるか、
そして石巻選手のスタミナをどれだけ奪えるかがポイントでしょう
個人的にチェリーマン選手のウルトラダイナマイトが鍵と見ています
higuchi選手も是非ウルトラダイナマイトを使っていただきたい
そしてウルトラディスティニーとウルトラコルバータも使ってほしい


Bonus track
登米名産品争奪!バトルロイヤル

登米の名産品が賞品で出るという一番楽しみな試合
みやぎ北上商工会の皆様、自分の為に本当ありがとうございます!
賞品がかかるので今回もどんな手でも使って勝ちます
過程がどうであれ最後に立っていれば勝ちだからね、仕方ないねグフフ


そして8月15日は去年に引き続き鶴岡のS-MALLで試合!
仕事の終わりが微妙で試合には出られないのですが間に合うようならば行きますよ〜イクイク……ヌッ!
8月15日(土) でわプロ in S-MALL花火祭り 
山形県鶴岡市錦町2-28エスモール屋上駐車場特設リング(山形県鶴岡市)試合開始17:30 観戦無料!

【対戦カード】
オープニングマッチ
シングルマッチ20分1本勝負
Greedvsランバージャック

第一試合からメイン級のカードが組まれました
前半二試合はガッチリとした鉄板試合を組んで、
メインはハチャメチャな試合で楽しんでもらおうという感じに予測できますね
フィジカルで群を抜くGreed選手とインサイドワークで試合を支配するランバージャック選手
悪い人対決にもなるのでいかに悪い事をレフリーにばれないようにできるかもポイントになりそうです


セミファイナル
タッグマッチ30分1本勝負
菊地毅/外島勇己vsチェリーマン/higuchi

菊地選手、パートナーを外島選手に変えて再度ウルトラディスティニー(仮)との対決
一週間前で互いの手の内はすべて知り尽くしているので読み合いになるのではないでしょうか
ウルトラディスティニー(仮)は菊地選手と外島選手の初タッグならではのほころびを突く感じでしょうね
友情のダブルウルトラダイナマイトが決まれば勝敗は分からなくなりますよ!


メインイベント 『赤川極小花火』
イエスロープ有刺鉄線風電流爆破風ハードコアトルネードデスマッチ
時間無制限1本勝負
太仁田ブ厚/平田明/梨本真也
vs
マグナム石巻/軍茶利/不動

「邪道」太仁田ブ厚、山形に見参!
ハードコアでトルネードで電流爆破風な為会場全てが戦場になる事でしょう
いいなぁ
何気に馬場・橋本と元ネタの方でつながりが深い平田選手・梨本選手がパートナーなのも心強そう
対する石巻、軍茶利、不動も暴れっぷりに定評のある三人
軍茶利選手はデカくて入場でチェーンソー持ってくるのでまさにスーパーレザー役
となると怪力かつボディプレスも使いこなす不動がグラジエーター、
石巻選手はテクニシャンという事を加味して大矢役ですね、うん
……他意は決してありません
posted by 西行隆幸兼雷炎兼ハラキリの中身 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

はようでわプロまみれになろうぜ

という事でプロレスリングDEWA、5/17であります。
贔屓目なしで見ても豪華なカードになったと思います。
という事で各試合の見所を、どうぞ


第0試合 Once more Challenge 5分1本勝負 13:15〜
菊地毅(OPS) VS 後藤義温(みやぎ北上商工会青年部)

開場15分位から始まる、実行委員会の後藤さんが菊地選手に挑むチャレンジマッチ。
前回は7年ほど宮城県栗原市に住んだ人間として後藤さん側のセコンドにつきました。
時に元気づけ時に焚き付け時に手を貸し堂々の時間切れ引き分け。
今回も余裕がありそうならばセコンドにつこうと思います。
菊地さんから「一度リングに上がったんだから、二度目は普通の選手として扱う」
と不穏な言葉が聞こえてきましたので後藤さんの無事を祈らずにいられない……gff


第1試合 シングルマッチ 15分1本勝負 13:30〜
梨本 真也(SED) VS ケント・ディカプリオ(常陸)

常陸より参戦のケント・ディカプリオと梨本真也の重量級対決となります。
体格を選ばない技として梨本にはDDTと三角締め、ケントにはカーブストンプがあるのでこのあたりの技の決め所でポイントが分かれると思います。
他団体参戦にあたりケントはかなり気合入ってますので新しい一面が見られるかもしれません。
あの体とあのパワー、ここは存分に発揮して欲しいですね。
重量級相手が続く梨本はどう出るか、前回同様潰しに行くのか、
それとも今回は懐の広さを見せるのか。注目であります。


第2試合 DEWA-PRO tag・tournament Aブロック準決勝 時間無制限1本勝負
西行 隆幸(SED)& チガイOKADO(信州)VS Greed(SED)& 外島 勇己(SED)

という事でさっそく私たちの試合です。トナメなので勝たなければ次がない。
私のパートナーはデワ初参戦で初タッグとなるチガイOKADO選手。
キック主体のスタイルでフィニッシャーのくるくる落し
は説得力抜群。加えてカズナガーデンで一瞬の隙を見逃さない戦いもできます。
そして草プロ王子の圧倒的なカリスマ。皆も王子になろう
まぁタッグワークは問題ないでしょう。我々はMITSUMOTOポーズで分かり合えます。

相手のGreed外島組は普段からタッグを組む強力コンビ。
パワー・スピード・テクニックと全能力が高い二人です
前回の常陸でもGreedのO24で腹に鉄球が直撃したようなダメージを受けて敗退しました。
アレと外島のボルケーノは食らったらそこで終わりですね。備えよう。
次につなげるためにもここはまず勝つ事だけを考えましょう。


第3試合 DEWA-PRO tag・tournament Bブロック準決勝 時間無制限1本勝負
軍 茶 利(SED)& 不 動(SED)VS higuchi(SED)& チェリーマン(山形ご当地)

トーナメントもう一つの一回戦
私達が勝ち抜ければどちらかのチームと当たります。
超技巧派タッグvs超パワータッグとわかりやすいカラーですね。
チェリーマンと不動は前回のDEWAで互いに素晴らしいパフォーマンスを見せたので今回も注目です。
グンダリもこの日の為に何やら用意してくるとの噂。
そして山形勢3人に囲まれた普段のタッグパートナーhiguchi、チェリーマンが試合前に取り込まれていたら……いや不安を煽るのは止しましょう。
是非3対1になっても諦めることなく戦い続けてください!(前フリ)

第4試合 健康プロレス提供試合 健康プロレス三軍対抗3way
おたへるすキタヲ(TEAMヲタ弱)
vsハレタコーガン(悪役軍団山田組)
vs伊藤・クン・ニー(しみずモンスター軍)

あの健康プロレスが東北にやってくる!ウレシイヤッター!
私健康プロレスは生で2回見ているのですが、どちらの興行も素晴らしい内容でした。
そんな健康プロレスが提供するのはものすごい豪華なメンバーの3way!
これはもう私がどうこう言うより観てもらったほうが早い。
心ゆくまで試合を楽しみましょう。
私も1プロレスファンに戻ってリング下からねっとり観てます。
健プロ知っている人も知らない人も要注目の試合ですよ!


第5試合 スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負
菊地 毅(OPS)& 浦安 純(SED)VS マグナム石巻(FREE)& 平田 明(秋葉原/SED)

菊地毅再び参戦!火の玉小僧は何時も全力ファイトで駆け抜ける。
パートナーに我慢できない男、浦安"ケロッグ"純を従え、相手は菊地選手の幼稚園の後輩マグナム石巻、超世代軍つながりの平田明。
私もトナメ一回戦負けしていた場合は前回同様マグナムさんのセコンドにつくと思います。
菊地選手は客を弄って温めつつ重いエルボーとヘッドバットでガンガン押してきます。
加えて負けん気の強さも凄いので打ち合いになると強い強すぎる。

マグナムさんはちょっと関東勢に見てもらいたい選手。
昔の爽やか時代もよかったのですが今のやさぐれっぷりが素晴らしくヒールファイター。
ECW時代のレイヴェンっぽい雰囲気があるというか、おすすめの選手です。
そして秋葉原王者の平田明。菊地選手相手でも真っ向から打ち合える男だと思います。
ダイナミックなムーブが菊地さんのトラウマを刺激するのか、それとも怒りを誘うのか注目です。

そんな中勝負を分けるのはやはり浦安"ケロッグ"純。
前回もエリリンさんがフィニッシュに入りそうな時に我慢できなくなって逆転負けしただけに、今回も我慢出来なくなった時が危ない。
菊地選手を立てて我慢するのか、それともやはり我慢できないのか、注目の一戦です


第6試合 DEWA-PRO tag・tournament 決勝戦 時間無制限1本勝負
Aブロック準決勝の勝者組 VS Bブロック準決勝の勝者組

一回戦勝っていれば私とOKADOさん再び登場です。
負けた場合はおとなしく観てます。
トナメ次第なのでカードも不明でどうなるかはさっぱりわからないのですが、全チームとも一回戦で知力体力は使うと思いますので決勝は時の運が勝敗を分けると思います。
「この辺(のトーナメント)にぃ、凄い商品出るらしいっすよ」
「おっ(優勝)してぇなぁ」
「じゃけん決勝出ましょうね〜」
posted by 西行隆幸兼雷炎兼ハラキリの中身 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。