2016年01月08日

1・10ワンダーワールド3&1・16プロレスリングDEWA

という事で今週日曜日はRAW&ワンダーワールド3
http://blog.goo.ne.jp/kosuge_matsumura02
私はRAW終了後のワンダーワールド3に出ますよ〜出る出る……ヌッ!
しかしマッスルを初生観戦したのがマッスル3、初ワンダーワールド出場も3
あの時のマッスルのテーマは対抗戦、ワンダーワールド3も猫と陰の対抗
因縁を感じますねこれは………

〜草プロレスRAW ワンダーワールド3 プレゼンツ 陰猫(インニャン)トーナメント2016〜
会場:板橋区小豆沢体育館第一武道場(都営三田線志村坂上駅徒歩5分)
日時:RAW終了後開始

トーナメント参加選手
猫側レスラー
・SGワンダー
・怪人ヤンマーニ
・MAPW指名選手
・西行隆幸
・拝銀主義舎指名選手
・太仁田ブ厚
・リヴァーサル沢

陰側レスラー
・鴉野ショウ

実に7対1の割合
本家でいえば出場者が陽側オンリーの中に陰の選手が入った感じか
どちらかというと陰側選手達の中に陽の金竜山や川口、カブトあたりの人間的にまともな人が一人混ざってしまった感もしますが

トーナメント表がまだ発表になっていないので最初誰とやるかはわかりませんが、やはり最大限警戒すべきは鴉野リーダーか
同じく出場者のリヴァ沢共にRAWのメインで是非消耗していただきたい
とはいえ他の誰と当たっても曲者揃い、というか草プロの曲者達を凝縮したような空間
誰と当たってもどんな試合になるか想像できません
というか本当にトナメやるかも当日その場まではわからないのがワンダーワールド
全てはSGワンダーという天才の掌の上……
これが いきものの サガ か



そして翌週土曜はプロレスリングDEWA!
こちらは第2試合に出ます
ダークマッチが一試合あるので実質3試合目ですね
チケットは前日当日共に500円ですが消防法の都合上席に限りがあるそうですので出来れば予約が安心
予約はでわプロ公式のお問合せか愛澤No.1選手に直接交渉を!
http://dewapro.jimdo.com/

愛澤No.1復活祭! Send off match 『RE;START』
宮城野区文化センター/シアターホール(宮城県仙台市宮城野区五輪2丁目12−70 )
開場17:00  試合開始18:00(第0試合17:40〜) 前日/当日ALL500円(全席自由)

【対戦カード】
第0試合(17:40) シングルマッチ15分1本勝負
ケント・ディカプリオvs二本 松太郎 

特別試合 「Re;match」
シングルマッチ30分1本勝負 
でかい一物vsエリリン高木

第2試合←こ↑こ↓
タッグマッチ20分1本勝負
西行隆幸/チガイOKADOvs軍茶利/不動

アイスリボン提供試合
シングルマッチ20分1本勝負
藤本つかさvs宮城もち

セミファイナル 
6人タッグマッチ30分1本勝負
higuchi/外島 勇己/平田 明vsGreed/マグナム石巻/ハミチツ二郎

メインイベント Send off match 『RE;START』
シングルマッチ30分1本勝負
菊地 毅vs愛澤No.1

前の試合がエリリン王子&一物さんという遺恨シングル、後の試合がアイスリボン、
しかも次の大会で藤本選手がタッグ防衛、宮城選手がシングル奪取となるとタイトルホルダー対決
ここに挟まれるのは実にプレッシャーですがプレッシャーに負けずに山形兄弟から勝利をかすめ取ろうと思います
まぁ他の試合もすさまじい試合揃いだからどこに挟まれてもプレッシャーだしなぁ

という事で自分の試合解説
西行隆幸/チガイOKADOvs軍茶利/不動
もはや説明不要の草プロ王子タッグに対するは山形のリアル兄弟でマスクマンズ
兄弟そろってデカくて強いという恐るべき一家

兄の軍茶利は恵まれた体格(180cm95kg)に総合経験、それに加えて野外ではチェーンソーを持って暴れる恐るべき男
今回の会場は多分禁止なのである程度安心ですがその分ストレスがたまってそうな予感
得意技はスピアーにジャックハマー、オモプラッタから入る変形クロスフェース
他にもベリートゥベリーやシャイニングケンカキック等バランスのいい選手

弟の不動は常人離れした体格(184cm110kg)とパワーの持ち主で柔道家
パワースラムで叩き付けたまま抱え上げてボディスラムとかやらかす恐るべき男
得意技は無双、どどん、パワースラム、滞空STO、デッドリフトブレーンバスター
さらに最近よく使うスパンキラー(某選手からフォールを取ったランニングボディプレス)

そしてこの二人には恐るべき合体技、阿修羅(アスラ)があります
兄を弟が肩車して、ダウンしている相手めがけて思いっきり叩き付けるという兄と相手がとても辛い技
失敗しても兄だけが大ダメージで弟はノーダメージという業の深い技
うまく仲間割れを誘えれば我ら王子軍の鉄の結束で勝利をもぎとれるか……!?

わりとこの二人は関東に紹介したい大物二人でありますね
難点は兄弟共にプライベートが忙しい事か
posted by 西行隆幸兼雷炎兼ハラキリの中身 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする