2014年07月29日

7.27プロレスリングデワ試合後感想

という事で無事旗揚げ戦終わりました!
直前更新がなかったので振り返り更新
詳しくは公式のこれを見てね
http://dewapro.jimdo.com/%E8%A9%A6%E5%90%88%E7%B5%90%E6%9E%9C-1/2014-7-27/

オープニングマッチ(タッグマッチ20分1本勝負)
○チェリーマン&平田 明 vs 西行 隆幸&マグナム石巻×
(15分14秒 チェリードライバー→体固め)

早速私の試合ですね。パートナーとなったマグナム石巻選手が久々に参戦
マグナム選手は私のデビュー戦のあった興行でISUの提供試合があった時から好きな選手
心躍りましたね、ええ。もっと試合を見たいとずっと思っていたら目の前に、ですから
実際タッグワークも当日顔合わせとは思えない位スムーズな感じになってたと思います
是非また組んで悪いことしたいですねー
マグナムさんは私に粘着され嫌がるかもしれませんが

対するは山形が誇るチェリーマン&平田明選手
なんとなくチェリーマンとマグナム、私と平田選手という感じになりましたが、
いやはや平田選手は強い。ヤスティムーブや馬場技も実にダイナミック
分断に喉輪受けた時点で実質自分は戦線離脱。強烈だったぜ……

そして主役となったチェリーマン。絶対的ベビーなはずなのにマグナム選手の毛根を痛めつけたり
セコンドのヨシアキを文字通り投入してきたりと意外と悪い事もしてきますぞ
そういったダーティな部分も出しつつやはりヒーロー、ズバッと決めてきました
私との絡みは悪い事をした後スキを付かれて文字通り一蹴されました。つよい


セミファイナル(シングルマッチ15分1本勝負)
higuchi vs ランバージャック× ※浦安選手欠場に伴うカード変更
(10分43秒 ラリアット→片エビ固め)

浦安選手の欠場でランバー選手は前日オファーとなったこの試合
土曜日試合あったのに快諾してきてくれただけでも感謝
自分とロック鈴木レフリー以外の選手は殆どランバー選手を知らなかったのですが、
逆に自分達はこの二人、このカードなら外さないだろうという気持ちがありました

試合はランバー選手が攻めながら相手のみならず会場全体を煽り、
higuchi隊長は受けつつぺース配分とガッチリかみ合う好勝負
OLAPで締め上げられた隊長があと一歩でロープブレイクという所まで来たのに回転エビ固めで丸めるのには敵ながら唸らされましたね
JACKギロチンをかわしてから怒涛のラッシュでなんとか隊長が沈めましたが、
ランバージャックという選手の上手さ、強さは未見の皆に十分刻まれたと思います
試合後ランバー選手正式に選手登録されたので次回も楽しみですね


メインイベント(タッグマッチ20分1本勝負)
×ハトマスク&梨本 真也 vs ○外島 勇己&ビッグジョー
(14分15秒 スライディングニー→体固め)

一週間前にベルトを取ったタッグ王者に対するは、
ワーストから外島ビッグジョーの大型コンビ
デワプロの場面という事もあり外島の竹刀が猛威を振るってましたね

一方の梨本も前回からの好調をキープして気迫あふれる展開
ハトマスクもデジャヴやハト回転蹴り等を駆使して攻め込みましたが、
ここで発揮されたのはジョーの怪物性
ナシエンテを高々リフトして外すはボディアタックはキャッチするわ大暴れ
やはり調子に乗らせると恐ろしい男だ

そして試合は新日の公式にもツーショット写真が載った中邑選手LOVEな外島のボマイェ的モーションから繰り広げられたスライディングニーで決着


という事で次回は8月16日(土)17:30試合開始です!
鶴岡市近郊&遠征組の皆様はS-MALLで飲み食いしながらプロレス見ましょう、ね!
http://happy-s-mall.com/2014_hanabimaturi/index.htm
posted by 西行隆幸兼雷炎兼ハラキリの中身 at 00:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キョウハ アオモリ カラー アキタヘ イドー シテルヨ

ツイサッキ “道の駅たかのす”マエ トオッタ ヨー

キミーハ コンナ トークカラ キテルンダ ネー

アラタメテカンシンシテ シマッタ アルヨー
Posted by hatomask at 2014年07月29日 15:35
タカノスマデハ 一時間 クライカナ
ショウジキ 地理的ニ 秋田ヨリモ 
青森ガワノ ホウガ 馴染ミ フカイヨネ……
Posted by 西行 at 2014年07月29日 19:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック