2015年05月15日

はようでわプロまみれになろうぜ

という事でプロレスリングDEWA、5/17であります。
贔屓目なしで見ても豪華なカードになったと思います。
という事で各試合の見所を、どうぞ


第0試合 Once more Challenge 5分1本勝負 13:15〜
菊地毅(OPS) VS 後藤義温(みやぎ北上商工会青年部)

開場15分位から始まる、実行委員会の後藤さんが菊地選手に挑むチャレンジマッチ。
前回は7年ほど宮城県栗原市に住んだ人間として後藤さん側のセコンドにつきました。
時に元気づけ時に焚き付け時に手を貸し堂々の時間切れ引き分け。
今回も余裕がありそうならばセコンドにつこうと思います。
菊地さんから「一度リングに上がったんだから、二度目は普通の選手として扱う」
と不穏な言葉が聞こえてきましたので後藤さんの無事を祈らずにいられない……gff


第1試合 シングルマッチ 15分1本勝負 13:30〜
梨本 真也(SED) VS ケント・ディカプリオ(常陸)

常陸より参戦のケント・ディカプリオと梨本真也の重量級対決となります。
体格を選ばない技として梨本にはDDTと三角締め、ケントにはカーブストンプがあるのでこのあたりの技の決め所でポイントが分かれると思います。
他団体参戦にあたりケントはかなり気合入ってますので新しい一面が見られるかもしれません。
あの体とあのパワー、ここは存分に発揮して欲しいですね。
重量級相手が続く梨本はどう出るか、前回同様潰しに行くのか、
それとも今回は懐の広さを見せるのか。注目であります。


第2試合 DEWA-PRO tag・tournament Aブロック準決勝 時間無制限1本勝負
西行 隆幸(SED)& チガイOKADO(信州)VS Greed(SED)& 外島 勇己(SED)

という事でさっそく私たちの試合です。トナメなので勝たなければ次がない。
私のパートナーはデワ初参戦で初タッグとなるチガイOKADO選手。
キック主体のスタイルでフィニッシャーのくるくる落し
は説得力抜群。加えてカズナガーデンで一瞬の隙を見逃さない戦いもできます。
そして草プロ王子の圧倒的なカリスマ。皆も王子になろう
まぁタッグワークは問題ないでしょう。我々はMITSUMOTOポーズで分かり合えます。

相手のGreed外島組は普段からタッグを組む強力コンビ。
パワー・スピード・テクニックと全能力が高い二人です
前回の常陸でもGreedのO24で腹に鉄球が直撃したようなダメージを受けて敗退しました。
アレと外島のボルケーノは食らったらそこで終わりですね。備えよう。
次につなげるためにもここはまず勝つ事だけを考えましょう。


第3試合 DEWA-PRO tag・tournament Bブロック準決勝 時間無制限1本勝負
軍 茶 利(SED)& 不 動(SED)VS higuchi(SED)& チェリーマン(山形ご当地)

トーナメントもう一つの一回戦
私達が勝ち抜ければどちらかのチームと当たります。
超技巧派タッグvs超パワータッグとわかりやすいカラーですね。
チェリーマンと不動は前回のDEWAで互いに素晴らしいパフォーマンスを見せたので今回も注目です。
グンダリもこの日の為に何やら用意してくるとの噂。
そして山形勢3人に囲まれた普段のタッグパートナーhiguchi、チェリーマンが試合前に取り込まれていたら……いや不安を煽るのは止しましょう。
是非3対1になっても諦めることなく戦い続けてください!(前フリ)

第4試合 健康プロレス提供試合 健康プロレス三軍対抗3way
おたへるすキタヲ(TEAMヲタ弱)
vsハレタコーガン(悪役軍団山田組)
vs伊藤・クン・ニー(しみずモンスター軍)

あの健康プロレスが東北にやってくる!ウレシイヤッター!
私健康プロレスは生で2回見ているのですが、どちらの興行も素晴らしい内容でした。
そんな健康プロレスが提供するのはものすごい豪華なメンバーの3way!
これはもう私がどうこう言うより観てもらったほうが早い。
心ゆくまで試合を楽しみましょう。
私も1プロレスファンに戻ってリング下からねっとり観てます。
健プロ知っている人も知らない人も要注目の試合ですよ!


第5試合 スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負
菊地 毅(OPS)& 浦安 純(SED)VS マグナム石巻(FREE)& 平田 明(秋葉原/SED)

菊地毅再び参戦!火の玉小僧は何時も全力ファイトで駆け抜ける。
パートナーに我慢できない男、浦安"ケロッグ"純を従え、相手は菊地選手の幼稚園の後輩マグナム石巻、超世代軍つながりの平田明。
私もトナメ一回戦負けしていた場合は前回同様マグナムさんのセコンドにつくと思います。
菊地選手は客を弄って温めつつ重いエルボーとヘッドバットでガンガン押してきます。
加えて負けん気の強さも凄いので打ち合いになると強い強すぎる。

マグナムさんはちょっと関東勢に見てもらいたい選手。
昔の爽やか時代もよかったのですが今のやさぐれっぷりが素晴らしくヒールファイター。
ECW時代のレイヴェンっぽい雰囲気があるというか、おすすめの選手です。
そして秋葉原王者の平田明。菊地選手相手でも真っ向から打ち合える男だと思います。
ダイナミックなムーブが菊地さんのトラウマを刺激するのか、それとも怒りを誘うのか注目です。

そんな中勝負を分けるのはやはり浦安"ケロッグ"純。
前回もエリリンさんがフィニッシュに入りそうな時に我慢できなくなって逆転負けしただけに、今回も我慢出来なくなった時が危ない。
菊地選手を立てて我慢するのか、それともやはり我慢できないのか、注目の一戦です


第6試合 DEWA-PRO tag・tournament 決勝戦 時間無制限1本勝負
Aブロック準決勝の勝者組 VS Bブロック準決勝の勝者組

一回戦勝っていれば私とOKADOさん再び登場です。
負けた場合はおとなしく観てます。
トナメ次第なのでカードも不明でどうなるかはさっぱりわからないのですが、全チームとも一回戦で知力体力は使うと思いますので決勝は時の運が勝敗を分けると思います。
「この辺(のトーナメント)にぃ、凄い商品出るらしいっすよ」
「おっ(優勝)してぇなぁ」
「じゃけん決勝出ましょうね〜」
posted by 西行隆幸兼雷炎兼ハラキリの中身 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419019827
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック