2016年08月15日

憧れと恩人と王子と

8月20日(土)S-MALL花火まつり大会(山形県鶴岡市)試合開始17:30
http://dewapro.jimdo.com/%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB2016/

という事で今回は私の試合オンリーで書きます。
他の試合は上のリンク見たり他の選手のツイッター見たりして、どうぞ


オープニングマッチ 「特別試合」 タッグマッチ30分1本勝負
菊地 毅(フリー) / 愛澤No.1(フリー)
vs
西行 隆幸(DPW) / チガイOKADO(信州) ※tag・tournament2016優勝チーム


LOCK鈴木レフリーがあえて第一試合ではなく「特別試合」とした意味…
今回だけは自分も第一試合ではなくメインイベントとして戦います。
草レスラー 西行隆幸 35才の夏…
灼熱の時間(とき)――――

菊地毅…
ガキの頃からプヲタだった人間なら殆どが彼を知っているだろう。
自分だってファンだった。
絶対的な力に叛逆していくのを言葉ではなく態度で示していった漢。
そんな人ととうとう逃げ場のない状況で激突する。
リング上での今もなお変わらない戦いっぷりに反して控室では物凄く腰が低く謙虚な方でDEWA初参戦選手は誰もが驚くだろう。
あれだけの経歴を持つ人間であればもっと増長していてもいいだろうに。
しかし菊池選手は自分のような草レスラーにも一人のレスラーとして接してくれる。
ならば20日、あのリングの上で草だろうがなんだろうが関係ない、一人のレスラーとして強大な先輩にぶつかるだけ。
まさにテレビで見ていた若かりし頃の菊池選手の立場で。

愛澤No.1…
前の団体にいた時、引退中の身ながら練習に来ていたこの方がチェーンレスリングに対する心構えを教えてくれなければ、自分は今でもチェーンするのを避けていたかもしれない。
前の団体では必要な技術ではなかったから、自分も出来ないと思い込んでいたから。
多分愛澤選手は覚えていないだろうけどあの一言でどれだけ楽になったか。
あの一言でヘタの横好きなりに出来るようになった。
そうだ、チェーンはもっと自由で楽しい物だったんだ。
今の自分のプロレススタイルを形成した恩人に間違いない。
この試合で恩を返させて頂きたい。貴方の何気ない一言で自分はこんな成長をしましたよと体で伝えたい。

チガイOKADO…
思えば彼と組んだ時はいつだって下馬評を覆してきた。
初代タッグトーナメントも第二回も言ってしまえば当たったチーム全部から格下に見られていただろう。
でも最終的に勝ち残ったのはどちらも自分らだ。
もしあの最強師弟タッグに勝てるチームがあるならば…あるならば…!
プロレスで最後に響く「何か」を最も引き寄せる草プロ王子タッグしかないだろう!
俺達二人しかないだろう!それが草プロ王子四天王だろう!!


東根でLOCK鈴木レフリーにも見に来ていた愛澤選手にも伝えましたが、自分はあくまでこの試合「勝つ」つもりで行きます。
「負けるだろうけど思い出作りで…」みたいな気持ちでいい試合になんかなるわけないでしょう。
夢☆勝ちます!



どうでもいいけど夏で夜で夢☆勝ちってつまり真夏の夜の勝夢って事だよね、うん。
posted by 西行隆幸兼雷炎兼ハラキリの中身 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

ネット・プロレス大賞2007参加します

という事でネットプロレス大賞初参加してみる中の人です
詳しくはブラックアイ2様のこちらの記事を

ネット・プロレス大賞2007
http://beye2.com/item_15264.html


・MVP
1位
房総ボーイ雷斗(K-Dojo) 10点
2位
澤宗紀 (バトラーツ) 6点
3位
スコット・スタイナー(TNA) 3点


*1位理由
どんな手を使ってでも悪に負けてはいけない
正義の心があればどんな技でも正義の一撃になる
それが急所への一撃であろうとも
勝利後も悪事を働けぬように徹底的に痛めつけなければいけない
本当の正義はどうあるべきか僕らに教えてくれた本物のヒーロー
プロレス界のゴッドマンになれるのは彼しかおるまい
(レッドマンでも可)
*2位理由
今年はメジャーにインディにどインディと正に大車輪の活躍
どんな試合形式でも安定していい試合してしまうのが凄い
場所もスタイルも選ばないプロフェッショナルな男
*3位理由
自分内のカムバック賞はこの男
その位去年までに比べて今年の試合内容は良かった
途中大怪我を負い大手術を行ったが復帰後も素晴らしい活躍
雪崩式での美しいフランケンシュタイナーには本当に感動した


・新人賞
1位
アントーニオ本多(DDT) 10点
2位
RG(ハッスル) 6点
3位
豪(エルドラド) 3点


*1位理由
今年でプロデビューギリギリ3年目。今年一番伸びた気がする
絶妙なマイクとクラシカルなレスリングスタイルは正に若き職人
離別を示唆したマイクでこの後どうなってしまうんだアントン
俺達はアントンのファイトを望んでいるよアントン
*2位理由
何より受けの見事さが光る
アトミックドロップにあれほど説得力を持たせられるのはRGだけだろう
まさかここまでハッスルの重要人物になるとは思わなかった
*3位理由
今年デビューの新人とは思えない体つきと雰囲気
どこか和製バティスタと言える物を感じる
パンクラスで善戦してきたのもナイスポイント


・ベストマッチ
1位
DDT 4/1 後楽園ホール
男色ディーノ&丸藤正道vsマッスル坂井&KUDO 10点
2位
大日本プロレス 3/14 後楽園ホール
廣島 大治組プレゼンツ 高所作業につき立体足場建築現場デスマッチ
佐々木貴vs宮本裕向 6点
3位
DDT 7/1 後楽園ホール
DISASTER BOX親方株争奪5thスレッドラダーマッチ
大鷲透vsHARASHIMAvs男色ディーノvsマッスル坂井vs猪熊裕介 3点


*1位理由
エイプリルフールに行われた伝説の一戦
丸藤とKUDOがスピーディでキレのあるムーブを魅せ、
ディーノと坂井がスピーディでキレのある笑いを提供した素晴らしい試合
試合前に丸藤がこない事にヌンチャクで
ハラキリさせられそうになる所も最高ならば、
試合後丸藤を守る為ディーノのディープキスを受けながらも、
ひるまずに立ちふさがる谷口も最高
正に初めから終わりまで完成度の高かった試合
*2位理由
プロの手によりしっかりと組まれた足場は圧巻の一言
長期政権を築いていた貴に勢いのある宮本が挑むというシチュも最高に良かった
試合内容も今年のデスマッチでは最高の物だったと思う
*3位理由
試合内容のループ&「キタエテイルカラダー!」→ジャーンといい、
ラダーを持ってくる為だけに登場するMIKAMI等ネタが素晴らしすぎる


・最優秀タッグチームorユニット
1位
ニュー・メンズクラブ(テイオー他多数の漢達 大日本プロレス) 10点
2位
ブリスコブラザーズ(ジェイ・ブリスコ&マーク・ブリスコ ROH) 6点
3位
バラモン兄弟 or 佐藤兄弟
(バラモン・シュウ&バラモン・ケイor佐藤秀&佐藤恵 エルドラド) 3点


*1位理由
いつの間にかどんどん増殖している恐るべきユニット
増殖するわ追い出されるわ再加入するわで、
正式なメンバー達がちょっとわからな(ry
追い出され反勢力となった忍の運命と、
交流戦時Ωとの間で揺れる大石から目が離せない
*2位理由
パワー・スピード・チームワーク全てを兼ねそろえた二人
今年はやはりノアでGHCジュニアタッグを獲得したって事が大きい
*3位理由
ケイが壊れキャラになるまでは正直どうかと思っていたが、
アレから自分内で一気にブレイクした二人。カルトな雰囲気もナイス
今年は自主興行を行ったりと絶好調
この二人が絡むタッグは安心して見れる


・最優秀興行
1位
マッスル 5/4 後楽園ホール
マッスルハウス4 10点
2位
ノア 12/2 日本武道館 6点
3位
666 9/21 メンズクラブナイト
〜ドキッ!男だらけのプロレス大会!〜 3点


*1位理由
最初から最後まで完成度が高かった
特にバレエとプロレスの融合はお見事としか言いようの無い
*2位理由
小橋復帰という柱がある鉄板興行だった
メインの盛り上がりは最高潮としか言いようの無い
それに続く試合と盛り上がりも見事
*3位理由
シートの名前でいきなり笑わせてくれるのはこれ以外あるまい
最初から最後まで一貫してガチムチワッショイ!ぷり
ネタ一辺倒と思わせておいて実は試合の内容も良い
ずっと最前列で座ってただけの先輩も見事すぎる


・最優秀団体
1位
マッスル 10点
2位
大日本プロレス 6点
3位
DDT 3点


*1位理由
今年の興行はどれも面白かった
この後どんなマッスルを見せてくれるのか楽しみだ
*2位理由
地方でも全く変わらない全力ファイトで安定度バツグンな団体
ただデスマッチヘビーが最近期待を超えられないのがジレンマというか
大きすぎる期待をそれでも超える試合をして欲しいという願いがあるよね
*3位理由
思えば今年も安定して面白かったなぁ、と
地方での発掘力とネタだしも素晴らしい


・マスメディア賞
1位
インディーのお仕事(FIGHTING TV サムライ) 10点
2位
男色ディーノのゲイムヒヒョー(4game) 6点
3位
東京スポーツ 3点(新聞)


*1位理由
インディ専門番組。見逃すと一週間損した気持ちになれる
最近ローカルインディも積極的にとりあげるのもうれしい
*2位理由
妙に深い知識を発揮するディーノさんにメロメロ
これ自体はプロレスとあんまり関係ないけどキニシナイッ
*3位理由
小橋復帰決定と共に小橋建太の鉄人特訓シリーズも復活
やってくれるぜ東スポ
posted by 西行隆幸兼雷炎兼ハラキリの中身 at 17:36| Comment(1) | TrackBack(0) | プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

観戦記久々だのう

という事でプロレス大感謝祭の観戦記な中の人です

・プロレス大感謝祭in大館
行ってきました大感謝祭
体育館前で秋田犬の品評会が開催されている不思議空間
駐車場で偶然CBDと合流したので一緒に観戦
あ、あれ、でも確かCBD今日はバ(ry

−大日サイド−

土曜がわりと平日な地方の昼で客入りは厳しめ
売店は大日とエルドラドの合同販売
試合のないエルドラドメンバーがグッズ販売中
大日の新作Tシャツはセンスいいね

045新T
http://shop.bjw.co.jp/vm/item_1472.html
関本新T
http://shop.bjw.co.jp/vm/item_1473.html

045ジャンキーズのは選手プリント系だけど普通にカッコいい
某老舗団体もこの位のデザインすればいいのn
しかしそれ以上に関本の新作Tシャツが気になるお年頃
このいろんな意味のギリギリ感がたまらない……ッ!
と悩んでいるうちに試合開始。すまぬ関本

・第一試合
今井vsクレイヴ

クレイヴは面白い動きするね。磨くと光りそうなタイプ
今井はどう色付けていくんだろ
体はいい厚さだけにうまく生かして欲しい
逆エビで今井の勝ち

・第二試合
青木&忍vs谷口&弁慶

谷口&弁慶ワールド
忍のSEXが自爆したのが痛いぜ
青木はハイテンションキャラ。熱い男だ
最後は弁慶が押しつぶしまくって青木をピン

・第三試合
菅原&豪vs宮本&大橋

ヘルデモンズから秋田出身の二人が登場
新人離れした体格と雰囲気を持ち合わせる豪
宮本の助けを借りて大橋も頑張ってたが、
この二人相手ではやはり格が落ちる
菅原の十三不塔が決まりピン

・第四試合
関本&井上vs谷嵜&WX

関本はやはりでかくて迫力がある、リーダーは何時も通り全力ファイト
谷嵜はメチャクチャ受けまくって頑張ってた。えらい
WXさんはラリアット多すぎ。でも切り返しスタナーは良かった
垂直落下→ラリアット→垂直落下でWXがリーダーからピン

・第五試合
沼澤&葛西&MASADAvs小林&貴&伊東

大日のデスマッチベストメンバーが揃ったメイン
安心できる6人が集まっただけあって好試合
のっけから激しい場外乱闘から始まり、
売店のフランクフルトをめぐる攻防、伊東が2階から飛び、
CBDが葛西に椅子を持たされてアシストしたりと見所満載
リングに戻っても試合は熱いまま
貴が要所要所でいい動きで試合をコントロール
MASADAの雪崩式ブレンバスターは説得力十分
パワーあるしガンガン受けるし、
MASADAもそろそろシングル挑戦してもいいと思うんだよね

沼澤の新技は立っている相手に決めた為かフォームが綺麗になった
これなら腕当てた時のインパクトがもっと強ければ説得力出そうだ

アブコバのきりたんぽチョップは受け止められ、
葛西の「きりたんぽ、マズーイ!」からのダイブはかわされる
きりたんぽに何か特別な力が働いているとのだろうか
ラストは蛍光灯の束を置いてのドラゴンスプラッシュ
試合後アブコバが蛍光灯食ってるのも凄いぜ

この6人なら外さないだろうと思ってたけど素晴らしかった
正直この客数でこんな熱い試合されるとこの6人に申し訳なくなるなぁ
次来たときはもっと客増えて欲しいな、うん



−エルドラドサイド−
夜だけあって客入りは大日より大め
売店では大日勢が売り子中
DVD見てたらリーダーがリーダーDVDを猛プッシュ
「これ売れてないんだよ!」に全俺が泣いた
でも昼から気になりすぎていた関本新Tシャツ購入
すまんリーダー

試合開始前菅原が
「サムライ、カメラ止めろ!」といってベビーな前口上
すごくベビーなマイクと
「何時もはヒールだけど今日だけは反則一切しません!」
と言った所でアニマルプラネッツ乱入
大鷲が「バケの皮剥がしてやる」と意気込んで、
っていうか完全にそっちがヒールですよ大鷲さん!


・第一試合
大柳&清水vs沖本&佐藤

エルドラドのスタイルを説明するかのような第一試合
大柳がクラシカルなテクニシャンスタイルに
丸め込み→返されると同時に次の丸め込み
→返された勢いで足取ってアキレス腱固めな流れがあまりに美しすぎる
他の丸め込み連打する選手も見習って欲しい位
佐藤のナイスアシストで沖本がマスカレード(450゜)で決め

・第二試合
青木vs谷嵜

妙にハイテンションな青木が再登場
とはいえ実力差をひっくり返す事は出来ず
インプラントが決まって谷嵜の横綱相撲で勝利

・第三試合
ヤッシー&関本vs福田&チャンゴ

技のヤッシーvsチャンゴ、力の関本vs福田という、
二つの対立が見事に表現された試合
ゲスト参戦の関本と福田の超肉弾対決が熱い
関本に打ち勝つ福田も凄いけど、
フォールカット式ジャーマンを福田に決める関本も超人だ
途中のヤッシーとチャンゴのヘッドバット合戦も凄い
特にヤッシーの一発目が物凄い
アレフィニッシュにしても十分な説得力だ
ヤッシーがコンビネーション裏拳からナイスジャマイカで
チャンゴからフォール

・第四試合
近藤&ミラニートvsバラモンケイ&Ken

バラモン兄弟の入場曲入ったCD出たら多分買うね
バーラーモン、バーラーモン
この試合は二人とも暴れまくってたんで、
反則しない宣言はメインだけの模様
ミラニートはなまこダンサーズつれてきて欲しかったよね
でもラウンドハウスキックは本家より上かも。独特で綺麗だ
近藤がキングコングラリアットでKenからフォール
近藤はやっぱ厚みが違うなぁ

・第五試合
菅原&豪&バラモンシュウvs大鷲KAGETORAvs千賀

試合開始前に花束贈呈が二つ
豪と菅原に渡される
片方取りに行った大鷲さんカワイソス

一試合だけベビー宣言したヘルデモンズのクリーンファイト
途中仲間が反則しそうになっても止める菅原がカッコいい
豪のスクワット式長滞空ブレンバスターに観客(特にオンプラー)大興奮
逆にアニマルの方はラフファイトで攻める

特に大鷲さんが悪い事しまくり
菅原の父をいじったり菅原の親戚をいじったり
菅原の兄をいじったりと極悪三昧
なんて悪い男だ大鷲さん……

シュウが持ち込んだ鎖捨てたりといい人に徹する菅原
しかし豪が持ち込んだイスを阻止しようとみせかけて一撃、
更にヒール宣言
一気にヘルデモンズがラッシュかけて菅原が十三不塔で錦を飾る

大鷲さんのマイク中、菅原へ花束とプレゼントが渡され大鷲さんカワイソス
そして菅原が今日だけサイン会してやる宣言。なんというベビー
初凱旋の豪に締めを任せて他メンバーは全員売店へ
豪さんアタフタ。というかマイクが好青年過ぎるッ!好感度上昇。
今考えたという3・4・豪!で締め

サイン会は長蛇の列が形成された菅原、やはり好青年っぷりが見える豪
そしてパンフばっかり買う客に怒って、
Tシャツを猛烈に売り込む兄弟&Ken
KenTシャツが余ってる事実を暴露するのはいいのか!?
いいのか!?

どっちも面白かったなぁ
両団体共に地方でも全力で試合して、
全力でファンサービスする姿は素晴らしい
若手枠で良かったのはクレイヴと大柳と豪
大柳はちょっと違うかもだけどスタイル一新したって事で


今日の挑戦
http://www.rakuten.co.jp/outletplaza/454750/1063345/1084132/#1113298
ゲーム界の福袋王ことdaikai-6さんの所で紹介されていた福袋
ちょっと1万ほど無駄に使ってみようかな…ゴクリ…

今日のランキング
http://ranking.goo.ne.jp/ranking/007/stinginess_action/
2位は基本じゃないのk
posted by 西行隆幸兼雷炎兼ハラキリの中身 at 17:46| Comment(3) | TrackBack(0) | プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

異動の季節

なのかちょっとわからないけど中の人です
来月から今年中工場に応援に行けという通達がっ
4勤2休だと休みズレるんだよなぁ。有休使う機会が増えそうだ

という事で来月からは前の工場研修時のように更新停滞すると思います
……前も1年行けって言われて3ヶ月で戻ってきたんだよなぁ

そして次回のSEDの興行が雨で中止の危機
降水確立80%はキツいなぁ。うまく止んでくれればいいんだけど


今日のマスコット
http://pinkco.net/neta/neta.html
おー、ベア子のか
下の霊夢が激しく気になる。何故か最近霊夢好きだ。
紅から永まで自機だったのに、
なんとも思ってなかった反動が来てるな、うん
いや永は紫、というか藍様の為なんだけど

今日のマスコットその2
http://bcnranking.jp/news/0707/070718_7907.html
社長wwwww
posted by 西行隆幸兼雷炎兼ハラキリの中身 at 16:26| Comment(4) | TrackBack(0) | プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

一日で日焼けしすぎ

日焼けで顔がヒリヒリします中の人です
正直6月の暑さじゃなかったぞ、うん

試合は相変わらず夢見てるような感じでやってきました
ケタ外れな馬力の村神さんとのタッグで自分もなんとなくヒール風味
自分の動きの反省点は色々あったので猛省
村神さんが乱舞カッター(旋回式ハワイアンスマッシャー)
でケリつけたんですが、村神さんが勝ち名乗りあげて
「あ、そういえば自分も勝ったのか」と気づいたですよ
なんというジョバー根性

第一試合は試合の準備してて(主にレガースの応急処置)
終盤まで見れなかったのが残念
フィニッシュは物凄い衝撃音響いてました
メインは両チームともハイレベルな攻防
ハイライトは不知火受け止め→横須賀カッター&Xファクター
やる側も凄いけど受ける側も凄い


今日のテーマパーク
http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51031100.html
これは行きたい
一日一回何処かにはぐれメタル登場即退場はナイスアイデア
posted by 西行隆幸兼雷炎兼ハラキリの中身 at 17:31| Comment(1) | TrackBack(0) | プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

レガースが壊れてきてシウマイ

後一週間で試合って早いよね中の人です
とりあえず破けたところにはビニールテープ貼っとこう……

練習では延髄斬りのフォームを修正中
自分が今までやってたのはジャンピングハイだな、うん
言われてみると納得するモーションの違いだなぁ
残り少ない練習で延髄斬りに修正できるんじゃろうか

後武道衣を何とかして新しくしたい。さすがに今の安物では無理がある
武道衣なのにシワ入りすぎなんですよタココラー!使用3回で既にほつれまくってるし
しかし上下とはいえ1万は高い、高すぎる
背中にプリント入れると+5〜10kも痛い、痛すぎる
ボーナス今年出ない感じなのも悲しい、悲しすぎる

何?今年はコミケ諦めろ?
ソレは無理な相談さボーイ


今日の原子力
http://www.heiwaboke.com/2007/06/post_956.html
最近まで動いていたってた事に驚愕

今日の色々
http://nantara.seesaa.net/article/44469855.html
これはいいラッキーマン
そしてオナンさんカワイソス

今日の豪快
http://news-walker.net/2007/06/07063106.html
なんという復讐・・・
posted by 西行隆幸兼雷炎兼ハラキリの中身 at 16:57| Comment(5) | TrackBack(0) | プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

XBOX360が

戻ってきました中の人です。マザーボード交換でした
後PCの調子も悪いですがルーターの調子も悪いです
やはり高い奴じゃないとダメかしら

*プロレス大賞
http://www.sanspo.com/fight/top/f200612/f2006121201.html
新人賞にHG、話題賞にメカマミーを選んだのはよくやったって感じですなぁ
VMはタッグじゃなくてチームだろとかガタガタ(ry
大賞はまぁ、話題の選手ではありましたね
後最近のプロレス大賞って外人枠ないんでしたっけ

という事でプ系ブログ恒例の俺式プロレス大賞
最優秀選手賞 
ジョシュ・バーネット
反則かもしれないけど彼自身がプロレスラーと名乗ってくれているので。
総合でも常にジャーマンやナガタロック2、ノーザンライトボムを狙う男
そしてプヲタ以外の予想を覆してGP準優勝までたどり着いた男
ついでにゴッチ先生の所に練習にいって説教されてしまう素敵過ぎる男
ハッスルへの参戦は本当に実現するのか

年間最高試合?
マッスルマニア・世界ヘビー級選手権のプロモVTR
コレには本当にやられた。
その場プロモーション撮影は今年一番のアイデア賞
そしてあの場にいた客全員が主役ですよぉぉぉっ!

最優秀タッグ ワイルドチャイルド
今年一年話題とハッピーを振りまいた二人に乾杯
正直この二人の合体はいろんな意味で反則だと思う

殊勲賞 丸藤正道
GHCヘビーをジュニアながら巻いたのは殊勲の文字にふさわしい
KENTA戦、三沢戦と試合の内容もグレイト

技能賞 AKIRA
あんな完璧なスローモーションを見せられてしまってはもう、ね
あのバックブロー受けは彼以外は無理だろうなぁ

新人賞 HG
芸能人でありながらトップクラスのポテンシャルを秘めた彼
デビュー決定の江頭は彼に続けるのか

話題賞 アメリカンバルーン
マグマメイツが送った夢風船は確かに日本に届いた
表舞台には出なくてもこんないい話もあるんですよっ

カムバック賞 ブギーマン
誰もが解雇に心痛めた(多分)現代に生きる怪奇派
WWEの未来は君次第だ

功労賞 猪俣潤
正直ここまで引退がもったいないと思わせる選手は中々いないですな
家庭の事情が解決したら復帰してくれないかなぁ

女子プロレス大賞 植松寿絵
今年一番いろんな所で好試合してた技巧派
女子でうまいと思える選手って意外と少ないと思うんですよ


こんな感じで。
DDT成分多いけどキニシナイッ

*モウ一個プロレス。ドーム編
26 名前:お前名無しだろ[sage] 投稿日:2006/12/12(火) 16:12:30 ID:xrSa9Z4b0
全カードキタ

1.渕、サムライ、田口vs菊タロー、荒谷、雷陣
2.邪道、外道vsNOSAWA、MAZADA
3.真壁、矢野、石井vsディーロ、ブキャナン、トムコ
4.長州、中西、飯塚、山本vsTARU、諏訪魔、RO’Z、バーナード
5.金本、タイガー、井上、カズ、TAKAvsライガー、稔、ミラノ、近藤、ブラザー
6.中邑vs川田
7.みのるvs永田
8.棚橋vsケア
9.蝶野、武藤vs天山、小島

第二試合いいなコレ
第三試合はGBHに対するイジメじゃないのk

正直後半のカードはどうなんだろうなぁ
中邑vs川田とか棚橋vsケアって見たい奴(ry


今日のMSX
http://www.sankei.co.jp/keizai/sangyo/061211/sng061211004.htm
欲しい・・・けど値段タカス
posted by 西行隆幸兼雷炎兼ハラキリの中身 at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

そういや格闘芸術ってあったよね

芸術に演劇が入るなら一番それを体現してるのがマッスルだと思う中の人です
ネタバレなのでいえないのですがあの人のスローモーションは本当に素晴らしい

プロレスでなんかこんなのが乗ってたのですが
http://allabout.co.jp/sports/prowrestling/closeup/CU20060925A/index.htm
まぁ題が近代芸術的〜なので飛び技中心なのは別にいいとして、

>第5位:石森太二/スーパースターエルボー
 
        。 。
         \\
エ━━━━━━( Д ; )━━━━━━!!!

もうこの時点でこの記事がマグマな物にしか見えなくなってしまいました

後1位の不知火に関してですが、
>想像を超越する創造
日高のミスティフリップが先なのは無視ですか。そうですか

つーか全体的に説明文がちょっと・・・
>Fromコーナーtoコーナーは丸藤の跳躍力、独創性
跳躍力は分かるけどFromコーナーtoコーナーもシェインの方が先だとか(ry
こういう明らかにアレな説明文が無けりゃなぁ
丸藤の実力は評価しているだけに


まぁ文句はこの位として、自分なりにこのお題ならって事で技5個選んでみました
5つ選ぶのもかなり迷いました。
近代ってのがどの辺からかちょっとわからないけど、
ロープパラダイスや不知火あるから適当に。主観入りまくりでアレですs


5位 ブーメラン式スク〜ルボ〜イ(MIKAMI)
ミッキーブーメラン(619のようにロープ間を回る途中で手を離し低空ドロップキック)
で相手の後ろに回りこんでのスク〜ルボ〜イ
まさかこの二つを合体させるとは。スピードあふれる芸術品
MIKAMIの技は新スワントーンボムもフォームが絶品で気に入っております


4位 雷切(政宗)
後ろから相手の腕を取って逆上がりしての変形裏DDT
実力者の彼ならではのテクニカルな技。
ちなみに変形裏DDTにいかずに丸め込む童子切という技もある
技自体の美しさもさる事ながら一連の動きの自然さが心に残る芸術品


3位 ムーンサルトFromコーナーtoコーナー(エル・ドランコ)
コーナートゥコーナーをやる選手は数あれど、
それをムーンサルトでやってしまったこの男
目標を計り辛いムーンサルトで華麗に決める姿は
その食わせ物なコスチューム含めて芸術品。再来日しないかなぁ
後スーツ姿で放つスクリューハイキックも映画のワンシーンのような芸術品


2位 多重卍固め(アントーニオ本田、趙雲子龍、マサ高梨、ゴージャス松野)
逆片エビ固めとコブラツイストと卍固めを合成させた肉のオブジェ
昔何かの雑誌で「体で綾取りをする男達」という
キャッチコピーがあったがまさにそれ
あまりに難解で美しくマットに佇む姿はまさに芸術品


1位シルバーブレット(ディック東郷)
長滞空式トペ・アトミコ。口で言うのは簡単でもそう真似できるものじゃない
特に滞空中のフォームは絶品。体全体に込められた力が感じられる芸術品
場外に放った一撃は衝撃的であった。



近代って縛りが無ければロウキーの雪崩式ブレーンバスターや、
中嶋君のジャーマンも入れたかったです
あの二つは古典技を芸術に再び押し戻したって感じですし

後芸術ではないですが美しいと思ったのは、
越中が一時期だけ使用していた滞空パワーボムからのスタンガンと
ディーノが猪俣引退時に出した屈伸式の男色ドライバー

スタンガンの方はビデオレンタルしてもソースが見つからないのですよ。
記憶も薄れてる分美化されてるかも知れませんし・・・。
機会があればもう一度みたい
ディーノのはあの一旦屈伸した所がまるで試合を決めたくないような、
特別な物を感じました
どちらかというとお笑いっぽさがある男色ドライバーが、
あんなにも物悲しく美しい一撃になろうとは

ついでに近代的マグマ技
誰の技かはあえて書かない


5位 ナイトキャップ
旋回式ブレーンバスター。
ドームの第一試合これで決まったため会場が冷え込んだ
しかしある意味今の危険技プロレスへ警告しているのかもしれない
そう考えると奥深い大技である。


4位 マナバウアー
アルゼンチンから相手を左右に振り、一旦相手をマットに着地させ、
自分の体制を整えてから放つジャーマン
アルゼンチンの意味はなんだとか左右に振った意味はあるのかとか
一旦自分の体制整えるのはなぜだとかすべてが野人な大技


3位 アナコンダフック
アナコンダのようなフックを叩き込む大技
正直どこをどう見ても普通のフックにしか見えないが、
きっと驚くべきアナコンダパワーがヒットの瞬間に相手に叩き込まれるのだろう
ボディブローもアナコンダフックと言われてた気がするけどガタガタ言わない

なお10月9日にこの使用者とベルト掛けて対決する某王者の必殺技、
太陽パンチはまだ見て無いためランク外。見たら多分同着までくるとおもu


2位 蝶天魚雷
コーナートップで肩を組んでダイビングショルダーという
飛行体勢がものすごくバランスの悪い大技
タイミングがズレると目も当てられない程マグマになる
更に上位の合体技で蝶天魚雷+ブレーンバスターがある
どんな技かは多分予想通りの大技


1位 スウィートドリーム
野人と列車っぽい合体技
コーナーの相手に列車っぽいスプラッシュの後、
中央に待ち構えるパートナーにホイップして野人っぽいハンマーを叩き込む
正直なんでこんな連携に名前をつけてしまうんだとか
そもそもこの名前はマグマすぎないかとか不思議な気持ちになる大技
一番衝撃なのはこの技の名づけ親が野人ではなく列車様だという事か

なおあくまで主観なので・・・ってなんか某団体ばか(ry


今日の著作権

さすがJASRAC様の理事様、素敵な発言ですね^^^^^^

今日のポインヨ
http://sotokanda.net/column/061002.htm
アニメイトあんまり利用しないからなんとも
逆にメロンブックスのポイントは積み重ねたカードで
100ポイント超えてたりします
500円×αにしてしまうのは味気ないしどうしたものか

今日のMIXI
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/813639.html
本当にネタなら騒ぎになった時即日記消して退会するかねぇ?
本当ですって告白してるような物だけと思うんだけど・・・

>496 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2006/10/03(火) 14:04:52 ID:BH51b9ZPO
>2chは犯罪予告する所。mixiは犯罪報告する所。
>しっかり住み分けは出来てるな。

目から鱗出た
posted by 西行隆幸兼雷炎兼ハラキリの中身 at 17:55| Comment(2) | TrackBack(0) | プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

たまにはゼロワンの話題

今ゼロワンがアツイゼアツイゼアツクテシヌゼな中の人です
主に公式のブログがですけd

最近は草間さんと神風さんの文通が熱いです
後楽園見て神風さんとヤスティに毒を吐きまくる草間さん

でも大森さんはベタ誉め。さすが草間さん、紳士な男好きだ

そしてそれに早速噛み付く神風さん

ギャグのセンスがちょっとわからなi

さらに早速反応する草間さん

ここでも大森さんをベタ誉め。
大森&中西といういろんな意味ですごいタッグに草間ブレインが加わる予感がしますよぉぉぉぉ!

それはそれで半田出場がすごく気になりまs
posted by 西行隆幸兼雷炎兼ハラキリの中身 at 17:24| Comment(1) | TrackBack(0) | プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。